企業の買収戦略|住みやすさを考えて管理する日本ハウズイング|口コミでも人気
男性

住みやすさを考えて管理する日本ハウズイング|口コミでも人気

企業の買収戦略

握手

買収時に注意すべき点

企業買収は企業を効率的に成長させる一つの手段です。自力で企業成長を果たすためには営業ネットワークの強化、設備投資の拡充、有能人材の雇用等を時間をかけて行っていく必要がありますが、こうしたリソースを既に持つ企業を買収すれば、買収先が企業が持つリソースを全て自社に取り込むことが出来るため、短期間で企業規模の拡大を図れるのです。但し、企業買収を行う際には幾つか注意すべき点があります。まず第一に買収先の企業が持つリソースが、自社で既に持っているリソースと重複する場合です。この場合、買収先企業のリソースは実質不要となり、資産の売却や人員整理を行う必要が生じるので企業買収効果は薄れます。また、企業買収においては相手の負債も取り込む形となるため、隠れた負債がないかを精査する必要があります。

税務上の利点

企業買収の利点は短期間で効率的に企業規模を拡大できるという点に加えて、税務上でもメリットが生じるケースがあります。例えば買収先企業の持つ企業価値を上回る金額で買収した場合、その差額を税務上損金として計上することが出来るので、税金の額を減らす事ができるという点です。差額は一度に償却するのではなく、一定の期間をかけて償却していくのが一般的ですので、長期間にわたって税金の支払額を抑制することが可能となるのです。税務上損金算入できる金額は買収時に決定され、その後買収先企業の資産価値が上昇して差額が実質的に縮小した場合においても、当初計上した差額は縮小されないので、税務戦略を計画的に練れるという点も利点となります。また、企業買収した際に買収された側のオフィスビルや土地は買い手のものになります。そのため、それら不動産の使い道に迷ったときは不動産会社に相談してみるのもいいでしょう。