賃貸経営を委託する方法|住みやすさを考えて管理する日本ハウズイング|口コミでも人気
男性

住みやすさを考えて管理する日本ハウズイング|口コミでも人気

賃貸経営を委託する方法

男の人

委託する前に知っておく事

賃貸経営する方法として自分で経営する方法以外に、資金を出して外部に委託する方法があります。それはサブリースという方法です。物件所有者は素人が多く、プロに任せて効率をあげていくサブリースは多く利用されています。よい面もありますが、確認しておく事項もあります。よい面と悪い面を比較して検討していく必要があります。まず入居者についてです。入居者が入るのは収益となり悪い事ではありませんが、サブリースでは依頼した会社が入居者を審査します。自分は入居者の選定に関与することなく、入居審査に通った方を物件に住まわせることができます。会社には入居率をあげないと家賃保証に影響がでるから、入居率を高くしておきたい事情があります。また、家賃収入の全てをオーナーが受け取れるわけではない点を押えておきましょう。入居者からの収入は保証料が発生するので、それを差し引いた形で家賃が所有者に入ります。

委託するとどうなる

サブリースでは完全に自分で経営する事は様々な負担になります。自由度は失われますが、プロならではの方法で救いにもなります。何よりも物件所有者ならではのリスクを減らすことができます。サブリースではその会社による一括借り上げなので、空室や滞納によるリスクが回避できます。賃料が安定化するので、ローン返済計画もたてやすくなります。また、管理も一括して任せる形になります。管理責任もサブリース会社が担うので、負担軽減できます。入居者トラブルも担当してくれます。それにより訴訟等になっても物件所有者は当事者になりません。費用は必要になりますが、収入や空室、人的トラブルを回避できる手段としてサブリースは有益な選択と言えます。